あるいる

ジョイントオフィシャルサイト

平田遼一

髪を伸ばす理由について書いてある日記を
昨日食堂で読んだ。
奈良美智の描いたイラストレーションみたいな顔の時があるって昔思ったりしてたSSWの更新されたブログを読んだ。
出勤前は「夜明け」って映画の監督と写真家の誰かの対談を読んだ。見逃した映画で、DVDの発売は今年の秋だった。
「愛がなんだ」の対談は帰ってから読んだ。こっちは先週サロンシネマで観た。
今本題にしてることとは関係つもりで、何割か息抜きのつもりで観に行った。
実際に目の前いるんだけど本当はそんなやつはいないかもしれない誰かやここに執着する人間の姿に対してのイメージを覆してくれた。 記事の方は今泉監督と主題歌を提供したHomecomingsの対談だった。
読んだ後Spotifyで検索して久しぶりに聴いた。日本語で作詞をし始めたアルバムの何曲かと主題歌のcakesを聴いた。
hurtsとか英詞の頃の和訳されたテキストが持ってる鮮やかさとは違う素通りするけど残る感覚があった。

iPhoneから送信

コメントを残す